文字サイズの変更

2013年1月アーカイブ

【2/25(月)】農商工連携 ♪農懇♪ ~生産者と事業者のマッチングイベント~ 開催!

タイトル.png

 

昨年、地元農畜産物の魅力を改めてご認識頂くことと、商品開発のヒントにして頂くことを目的として、第1弾「農商工連携セミナー」第2弾「生産地見学会」を実施致しました。

今回は、地元のこだわり生産者と地域のこだわり食材を求めている事業者とのビジネスマッチング企画として、第3弾「生産者と事業者のマッチングイベント」を開催致します!!!

市場では見かけない商品や生産者しか知らない美味しい食べ方、また活用術など、イベントにご参加頂き、新たな出会いと共に新商品・新サービス開発のきっかけ作りにして頂きたいと思います。地元農畜産物を利用して新商品・新サービスの提供をお考えの方は、是非ご参加下さい。

 

◆こだわりの出展商品(予定)

トマト・ねぎ・しいたけ・豚肉・はちみつ・お茶 etc….

※出展商品は、ご案内時点での予定ですので、都合により変更になる場合があります。

 

★参加対象

地元農産物を使用した製品や商品をお考えの事業者様

 

 

◇◆開催日時◇◆

 

平成25年25日(月) 10:00~14:00 

      (受 付 9:30~)

 

▼△場  所▼△

 

三重県四日市庁舎 6階 大会議室

(四日市市新正4-21-5)

 

★☆タイムスケジュール★☆

 

9:30~ 受付開始

10:00~ お見合いタイム

(ローテーションで各生産者と自己紹介をして頂きます)

11:00~ 食べ比べタイム(市販品との食べ比べ、味の違いは一食瞭然!)

12:00~ 昼食タイム  (新たな発見が眠っているかも知れません)

13:00~ 逆指名タイム (気になるあの人、あの食材と仲を深めて下さい)

 

◆参 加 費◆

お一人 500円 (試食代等)

※当日、集めさせて頂きます。

 

〇●お申し込み方法

 

こちらのチラシを印刷いただき、「参加申込書」に必要事項ご記入の上、FAX(059-355-0728)にてお送りください。

 

〆切:2/13(水)

 

※定  員※

 

先着50名 (後日、改めて確認のご案内をさせて頂きます。)

 

■お問い合わせ

四日市商工会議所   経営支援課 井田、井高、中村

TEL(059)352-8290 FAX(059)355-0728

 

 

平成25年3月 専門家による定期相談のご案内

平成25年3月定期相談予定  平成25年2月の定期相談予定は、こちら

印の相談は、完全予約制で先着順となります。



相談事項 日時 専門指導員/相談員 相談内容(例)
法律相談 11(月)
13:30~
弁護士 杉本 雅俊 *契約上の留意点・取引上のトラブル
*売掛金回収等における法的措置 等
不動産・
会社法人登記相談

14(木)
10:00~

司法書士 石川 秀策 *会社・その他の法人設立の際の手続き、メリット・デメリット 等
*不動産相談全般(事業上のご相談に限ります)
記帳継続指導相談 6(水)
13:00~
税理士 荒木 千恵子 *現金出納帳等のつけ方から、決算・申告の仕方の指導 等
貿易ビジネス相談

1(金)
13:30~

ジェトロ三重貿易情報センター

*海外展開に関する検討と準備項目、ジェトロ等公的機関の活用、英文会計の英語
*海外取引等における留意点
*輸出入貿易の進め方
*英文商品売買契約書作成の留意点、その他各種英文契約書等の紹介

15(金)
13:30~

IT窓口相談 14(木)
13:30~
経営IT支援コーディネーター 水谷 哲也 *ホームページへの集客、ネットショップIT導入等ITにまつわる相談
特許相談

13(水)
13:30~

弁理士 小林 宜延 *特許、実用新案、意匠等に関する出願、請求、その他の手続き 等
労務相談 6(水)
13:30~
社会保険労務士 若林 正清 *就業規則等の策定、人事・賃金問題 等
総合経営相談 19(火)
13:30~
経営コンサルタント 土田 勤 *創業に係る経営全般、新分野への進出
*経営に係る相談全般 等
経営相談

27(水)
10:00~16:00

(社)中小企業診断協会 経営に係る相談全般 等

 

会場:四日市商工会議所 2階 (相談室)

◆法律相談につきましては、事業に関するご相談は無料です。 尚、事業外のご相談(一般相談)につきましては、有料となります。(30分 5,000円)
◆不動産・会社法人登記相談につきましては、事業に関わるご相談のみお受けいたします。
◆記帳継続指導相談につきましては、法人企業を除きます。(その他、一定要件あり)。
◆経営安定特別相談室(経営危機の際の各種相談)を開設しております。お気軽にお問合せ下さい。

※平成24年度から非会員様につきましては、法律相談、不動産・会社法人登記相談、記帳継続指導相談、特許相談、労務相談、総合経営相談、経営安定特別相談の7つの相談は、有料(5,000円)となります。会員様は無料でご相談頂けます。

印の相談につきましては、相談日の前々日迄にご予約下さい。
(経営支援課 TEL:059-352-8290)

 

 

【締切延長!】リーディング産業展みえ「事前予約商談会」参加企業募集中

締切期間が延長になりました!⇒☆★☆1/25(金)まで☆★☆

 

header_l.jpg

リーディング産業展.png

リーディング産業展事前.png

「事前予約型相談会」とは・・・・

「リーディング産業展みえ 2013」では、ブース出展に加え、出展者の個別の商談機会創出を目的とした「事前予約型商談会」を同時開催します。

事前に商談をアレンジし、魅力的な商談相手を見つけてから当日参加できることが最大の特徴です。

出展者以外にも三重県内外から来場される大手バイヤー等、様々な業種の企業が多数エントリーされます。

貴社のニーズにあった商談相手を見つけてビジネスチャンスを掴んでください。

(当日の商談会まではすべてウェブで行います)


お申込み詳細はコチラhttp://www.mie-sangyouten.jp/

 


「リーディング産業展みえ2013」の概要

 

(1)日 時

平成25年2月13日(水)10時~17時

平成25年2月14日(木)10時~16時

(2)場 所  四日市ドーム(四日市市羽津甲5169)

(3)主 催  リーディング産業展みえ2013実行委員会

(4)出展申込 162件(202事業者)(※11月30日時点)

件数    (内訳)・県内企業149件(大企業17件、中小企業85件、小規模企業47件)

・県外企業6件

・その他(大学・高専等)7件

(5)来場者数 約4000名(見込み)

 

詳細はコチラ⇒http://www.pref.mie.lg.jp/SSHUSEKI/HP/leading/

今回の産業展の特徴について

(1)BtoB中心の産業展への転換

今回の産業展では、出展者と来場者の効果的な商談機会の創出を重視しています。

活発な商談を目指すため、今回初めての取組みとして、事前に商談を予約の上当日に商談を行う

「事前予約型商談会」を実施いたしますので、是非ご参加を検討頂きますようお願いいたします。

(募集については、下記「3 事前予約型商談会」をご参照ください。)

なお「事前予約型商談会」では、主に、出展者と来場者の間での商談や出展者同士の商談機会の創出

を目指します。

(2)各出展者が自らの提案内容を明示した「提案シート」を作成

各出展者が自らの事業概要に関する情報とともに「どういう企業向けに、どういう商品、サービス、

技術を提供できるか」という提案を明示した「提案シート」を作成の上、提案シートをWeb上に

公開するとともに、関連分野ごとに冊子に取りまとめ、活用します。

【出展者一覧および出展者の提案シート】

http://www.pref.mie.lg.jp/SSHUSEKI/HP/leading/ichiran.htm

 

(3)商談を行うための会場レイアウト等

商談をより行いやすいように、1ブースあたりの広さを拡大するとともに、オープンスペースと

クローズドスペースの2種類の共有の商談スペースを設けます。

(4)産業展の魅力を高めるセミナー等

有益な情報が得られる経済セミナー等を開催します。

また、「100年経営の会」(事務局:日刊工業新聞社)が、経営者層向けの地域フォーラム及び

交流会を開催します(2月14日)。

 

【事前予約型商談会について】

(1)事前予約型商談会の概要

出展者と商談申込者との対面形式で、1商談当たり20分程度を想定しています。

ア 日時

<1日目> 平成25年2月13日(水) 11:00~17:00(予定)

<2日目> 平成25年2月14日(木) 11:00~16:00(予定)

イ 会場

四日市ドーム 2階南コンコース(20ブース)

 

(2)事前予約型商談会の申込方法

申込手続きについては、全て下記の「事前予約型商談会専用サイト」からの手続きとなります。

※申込手続きに、企業情報などの登録作業が必要となりますので、下記の事前予約型商談会

専用サイトから「エントリー申込」・「エントリー登録」・「商談ニーズ登録」を、遅くとも

平成25年1月18日(金)までにお済ませ頂きますようお願いいたします。

⇒1月25日(金)までに延長しました。


(「エントリー申込」・「エントリー登録」・「商談ニーズ登録」の期限を、平成24年12月

14日(金)から平成25年1月18日(金)まで延長しました。)

【事前予約型商談会専用サイト】http://www.mie-sangyouten.jp/

 

お問い合わせ先

「リーディング産業展みえ2013」商談会事務局(株式会社百五経済研究所内)

担当:慶徳、石川、堀江

住所:〒514-0033 津市丸ノ内9-18

TEL:059-228-9105 / FAX:059-228-9380

 

【締切間近】あの"匠"が四日市に!「匠が語るリフォームの魅力」【2/1(金)】

「大改造!劇的ビフォ→アフター」に出演の・・・・

リフォームのたくみ.png

近年、耐震やエコに対する関心の高まり、少子高齢化時代の到来とともに、「リフォーム」に注目が集まっています。そこで当所では、“匠“としてTV番組にも出演された川口とし子氏をお招きし、リフォームの魅力と今後の動向について講話頂くセミナーを開催致します。この機会に皆様是非ご参加ください。

 

申し込みフォーム.png

 

講師

としこ.png【講師プロフィール】

1956年 新潟県加茂市生まれ

1982年 日本大学理工学部大学院建築学修士課程修了

1983年 (株)東畑建築事務所勤務

1987年 アトリエ・ホライン(ウィーン)勤務

1988年 アーキスタジオ・オゾン設立

1993年 アーキスタジオ・カワグチに改称

1997年~日本大学・長岡造形大学・東京理科大学・国士舘大学非常勤講師

2009年~長岡造形大学 環境・建築デザイン学科 教授、現在に至る

日本建築学会、日本建築家協会(JIA)会員 「登録建築家」

 

テレビ朝日系列『大改造!!劇的ビフォーアフター』に『匠』として出演。大正時代の風情漂う建築物をリフォーム。築80年で現代生活には合わない箇所が随所にあったが、老朽化がすすんだ建具や家具などを再利用し、劇的な変貌を遂げさせた。番組内の呼称は“和とモダンの融合者”。

 

 

◆「劇的ビフォーアフター」番組サイト内 「匠」紹介ページ ⇒⇒ コチラ

 

☆アーキスタジオ川口 ホームページ ⇒⇒ コチラ

アーキスタジオ.png

 

 

 

 

 

 

日時

2013年2月1日(金) 13:30~15:30

 

 


会場

四日市商工会議所 1F 会議所ホール(諏訪町2番5号)

※駐車場はございませんので、 車でお越しの場合は、周辺の有料駐車場をご利用下さい。

 

 


参加費

会員様は無料

 

※非会員様は2,000円

 

 

 

お申込方法【1/28(月)締切】

こちらのチラシを印刷し、参加申込書をFAXいただくか、

コチラよりお申込ください。

申し込みフォーム.png

 

 

 

 

 

お問合せ

四日市商工会議所 経営支援課(井田、太田) ℡(059)352-8290


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2/13・14「三重大学と三重県公設試験研究所の使い方」「産学官金連携ワンストップ相談会」

2月13日(水)14日(木)に四日市ドームで開催されるリーディング産業展において、「三重大学と三重県公設試験研究所の使い方」セミナーと「産学官金連携ワンストップ相談会」が開かれます!!

 ◆リーディング産業展とは・・・?

 

産 .png

みえ産学官研究交流フォーラム実行委員会 事務局
( 三重大学社会連携研究センター内)
Tel:059-231-5365  Fax:059-231-9743
Mail:forum@crc.mie-u.ac.jp
URL:http://www.crc.mie-u.ac.jp/forum/forum2012.html

 

 

チラシはこちら

 

内容

■10:30 ~ 11:00

「ビジネスにおける三重大学地域戦略センターの活用」

講師:三重大学 学長補佐・地域戦略センター長・教授 西村 訓弘

 

■11:00 ~ 11:30

「みえ“食発・地域イノベーション”創造拠点を活用した食品関連産業の活性化」

講師:三重大学社会連携研究センター研究展開支援拠点 地域研究支援部門部門長・教授 矢野 竹男

 

■11:30 ~ 12:00

「三重県公設試験研究所ができる技術支援とご利用の案内」

講師:三重県公設試験研究所・企画担当者

 

■12:00 ~ 12:30

「産学連携による新商品創出におけるTLOの活動」

講師:㈱三重ティーエルオー 技術移転部長 杉山 早実

 

 

問い合わせ先

みえ産学官研究交流フォーラム実行委員会 事務局

( 三重大学社会連携研究センター内)

Tel:059-231-5365  Fax:059-231-9743

Mail:forum@crc.mie-u.ac.jp

URL:http://www.crc.mie-u.ac.jp/forum/forum2012.html

 

------------------------------------------------------------------------------

 

 

産学官.png

企業の持つ課題に対して、県内の大学・高専、公設試験場などの研究機関や、産学官連携、産業振興に関わる支援機関、

さらには金融機関が連携して相談に対応し、最適な解決策を提案します。

また関係機関が、ビジネスにおける課題の解決につながる研究シーズや関係設備、研究開発の助成制度や専門家派遣など

の支援メニューの展示を行うとともに、その活用方法についてのセミナーも開催します。

関係機関が一同に会する貴重な機会です。是非ともご活用ください。

 

 

日時.png

 

 

お申し込み方法(要事前申し込み)

 

 

こちらのチラシに必要事項をご記入のうえ、2 月7 日( 木)までに

FAX(059-224-2078) または、E メール(lead@pref.mie.jp) にてお申し込みください。

 

 

 

 

問合わせ先

みえ産学官研究交流フォーラム実行委員会 事務局

( 三重大学社会連携研究センター内)

Tel:059-231-5365  Fax:059-231-9743

Mail:forum@crc.mie-u.ac.jp

URL:http://www.crc.mie-u.ac.jp/forum/forum2012.html

 

 

 

 

 

 

【2/28(木)】お客様の怒りを笑顔に変える!「クレーム対応セミナー」開催!!

たいとる.png今回のセミナーは、単にクレーム対応の方法ではなくお客様の「不」の感情の見つけ方やクレーム客との絆をつくる対応、感動を呼ぶアフターフォロー、事前にクレームを防ぎ集客率を上げる方法などをわかりやすく解説していただくセミナーですので、是非ともご参加ください!

[主な内容]

◆儲かっている企業のクレームの取り組み方

◆上手なクレーム対応のやり方

◆クレームへの恐怖心を克服

◆怒りを笑顔に変えるクレーム対応「5つのステップ」

◆クレームを事前に防ぎ集客率を上げる方法

◆クレーム客を感動させるアフターフォロー

 

チラシはこちら

 

講 師

講師.png

日  時

 

平成25年2月28日(木)14:00~16:00

 

会  場

 

四日市商工会議所 1F 会議所ホール

※駐車場がございませんので、お車でお越しの際は、周辺の有料駐車場(自己負担)をご利用下さい。

 

参加費

 

当所会員 無料 、非会員 2,000円

 

定  員

 

100名

 

申込方法

 

こちらのチラシを印刷して頂き、申込書をFAX(355-0728)にてお送り下さい。

〆切:2月22日(金)

 

お問合せ

四日市商工会議所 経営支援課(担当:井田・中川)

四日市市諏訪町2-5

TEL:059-352-8290 FAX:059-355-0728

お客様の感情を引き出す!「コトPOPの書き方セミナー」を【2/18(月)】開催します!

四日市商工会議所(小売商業部会)では、『コトPOPの書き方セミナー』を2/18(月)に開催します。
「一生懸命POPを書いているのに売れない!」「商品の特長や機能を書いても売れないのはなぜ?」
「コトPOPと普通のPOPの違いが分からない」など悩んでみえませんか?
本セミナーでは、売れる「コトPOP」の考え方・書き方を、実践を踏まえて分かり易く解説いたします。


あなたのお悩みをコトPOPが解決します!是非ご参加ください!
   

お申込みは.bmp



日 時

平成25年2月18日(月) 18:00~20:30

 

会 場

四日市商工会議所 1階会議所ホール

 

定 員

50名(定員になり次第締め切りとさせて頂きます)

 

受講料(教材費込)

(お一人様・税込) 会  員 2,000円
            非会員 4,000円

 

申込方法

こちらからお申込みください。

 

申込期限

2月7日(木) (定員になり次第終了いたします)

 

所在地

四日市市諏訪町2-5
・近鉄四日市駅より徒歩7分、JR四日市駅より徒歩10分
・専用駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。
・車でお越しの場合は、周辺の有料駐車場をご利用ください。
(駐車料金は、ご自身でのご負担となりますのでご了承ください)

 

お問合せ

四日市商工会議所 中小企業振興部 経営支援課(田中・井田)
TEL:059-352-8290 /FAX:059-355-0728 


 

平成25年1月12日 四日市商工会議所 会館停電のお知らせ

四日市商工会議所は電気設備点検の為、1月12日(土)午前9:00~午前12:00頃まで、停電いたします。

当所会館の営業はございませんが、一時的に電話・FAX機器が使用できなくなりますので、ご了承のほどよろしくお願い致します。

四日市商工会議所 総務・会員サービス課

第9回産業活性化委員会開催のご報告

今回の委員会では、当地域の産業活性化に向けた提言書に記載する具体的な提言内容として、「中小企業の国際化」と「防災対策」について審議いたしました。また、今回の委員会で具体的な提言内容の審議を全て終了したため、提言書の全体構成についても審議いたしました。

開催日/平成24年12月14日(金)  出席人数/19名

担当副会頭/小林 長久 氏 (日本トランスシティ㈱)

委員長/小林 久則 氏 (中部電力㈱)

 

【議 事】

1.提言内容について

▼「中小企業の国際化」に関する提言内容について

事務局より中小企業の国際化に関する提言内容 について説明し、出席委員より意見を伺いました。

 

▼「防災対策」に関する提言内容について

 事務局より、防災対策に関する提言内容について説明し、出席委員より意見を伺いました

 

2.提言書の全体構成について

 今回の委員会で提言内容の審議がすべて終了したため、提言書の全体構成について説明し、以下の内容にて了承されました。尚、今後、事務局にて提言書の仕上げ作業に入り、次回の委員会にて最終審議を行う予定といたしました。

 

【提言書の全体構成】

1.はじめに~産業活性化委員会における議論のフレームワーク~

2.産業面における各種課題の解決に向けた提言 ~何を、どうすべきか?~

3.おわりに~各種課題の解決を通じた北勢地域の産業活性化に向けて~

 

第8回産業活性化委員会開催のご報告

今回の委員会では、当地域の産業活性化に向けた提言書に記載する具体的な提言内容について審議いたしました。また、第9回目の委員会で審議予定の「中小企業の経営革新・国際化」「防災対策」についての課題研究を行いました。

開催日/平成24年7月18日(水)  出席人数/16名

担当副会頭/小林 長久 氏 (日本トランスシティ㈱)

委員長/小林 久則 氏 (中部電力㈱)

 

【議 事】

1.提言内容について

◎企業にかかわる税制(事業所税)に関する提言内容について

  

2.課題研究  テーマ①/中小企業の経営革新・国際化について

次回委員会で審議予定の中小企業の経営革新・国際化について、国内の中小企業の状況を中心に説明

 <説明内容>※主な項目のみ記載

 ・輸出企業の数と割合の推移    

 ・効果的な海外販路開拓の取り組み

 ・輸出企業が直面している事業環境面の課題・リスク

 ・直接投資開始企業の国内従業者数

 ・資本金階層別中小製造業の企業数の推移

 ・技術力が低下している理由

 ・中小企業および大企業の技術・技能人材の年齢構成、採用状況

 ・起業時及び起業後の課題

  

 課題研究  テーマ②/防災対策について

国土交通省中部地方整備局 四日市港湾事務所の長瀬所長様から、「四日市港を中心とした地震・津波対策の現状」について、ご説明いただきました。

<説明内容>※主な項目のみ記載 

・平成24年度港湾関係予算の概要について   

・南海トラフの津波推計結果について

(大規模地震発生の切迫性、総合津波対策、震度分布の推計結果、津波高の推計結果 等)

・港湾における地震・津波対策のあり方について 

(津波対策における防波堤の機能、防波堤と津波高の関係、避難誘導計画の策定、津波による流出物の漂流シミュレーション、津波による流出防止対策等)

・四日市港地震津波対策検討会議について

(中部の港湾における地震・津波対策の検討内容、基本方針、港湾BCPの策定計画、GPS波浪計による津波情報提供体制の強化等

 

3.その他  

次回委員会開催は8月~9月頃を予定し、「中小企業の経営革新・国際化」、「防災対策」に関する提言(案)を提示、協議する予定です。

第7回産業活性化委員会開催のご報告

今回の委員会では、当地域の産業活性化に向けた提言書に記載する具体的な提言内容について審議いたしました。また、第8回目の委員会で審議予定の「企業にかかわる税制(事業所税)」についての課題研究を行いました。

開催日/平成24年4月23日(月)  出席人数/19名

担当副会頭/白井 勇 氏(日本トランスシティ㈱)

委員長/小林 久則 氏(中部電力㈱)

 

【報 告】

「四日市地域における企業立地環境に関するアンケート調査」結果報告

(1)調査概要

当所会員企業の大手製造業52社に対して調査  ◆回答社数29社(回答率55.8%)

(2)回答業種構成

石油・化学55.2%、食品13.8%、電気機械10.3%、輸送機械3.4%、その他17.1%

(3)主な設問 (※アンケート結果は省略)

  ①今後の事業展開の方向性と課題  ②施設の更新・増設の可能性と問題点

  ③工業用水、工場立地法、土壌汚染対策法における課題  ④インフラ整備の必要性 等

                                   

 

【議 事】

1.提言内容について

①企業誘致に関する提言内容について 

②企業間連携に関する提言内容について

 

 

2.課題研究  テーマ「企業にかかわる税制(事業所税)について」

次回の委員会で審議予定の事業所税について、平成22年8月の課税開始以降の状況を説明。その後、意見交換を行った。

・事業所税について・・・税収、使途、平成23年度の充当事業、平成24年度の充当見込み、四日市市の減免特例、都市計画税との違い等について説明。

 

3.その他  

※次回の委員会開催は6月を予定し、事業所税に関する提言(案)を提示、協議する予定です。

第6回産業活性化委員会開催のご報告

今回の委員会では、当地域の産業活性化に向けた提言書に記載する具体的な提言内容について審議いたしました。また、第7回目の委員会で審議予定の「企業誘致」「企業間連携」についての課題研究を行いました。

開催日/平成24年2月3日(金)  出席人数/19名

担当副会頭/白井 勇 氏(日本トランスシティ㈱)

 委員長/小林 久則 氏(中部電力㈱)

 

【 議  事 】

1.提言内容について

①工場立地法に関する提言内容について 

②改正土壌汚染対策法に関する提言内容について 

 

2.課題研究  テーマ/企業誘致・企業間連携について

  次回の委員会で審議予定の以下2点について説明いたしました。

  ・企業誘致について・・・他地域で行われる企業立地推進策

                最近当地域に進出された企業に対するヒアリング内容

  ・企業間連携について・・・三重県における試作連携グループの取り組み

 

3.その他  

  2月~3月にかけ、「産業活性化および企業立地環境に関するアンケート調査」を実施することが承認されました。

  

次回の委員会では上記2項目の提言骨子(案)を提示し、協議する予定です。

 

米国経済の最新動向セミナーを開催します

~2013年1月21日 オバマ政権2期目発足~

 2013年1月21日、オバマ政権2期目がスタートします。2012年には、欧州債務危機や中国経済の減速といった海外要因に加えて、大統領・議会選そして財政問題という国内要因により、経済には下押し圧力がかかりました。2013年は「財政の崖」が一定程度回避される前提で、2%程度の緩慢な伸びが見込まれています。

 ただ、中長期に見ると、米国には他の先進国や新興国と比べ、力強い成長をとげる要素が多くあります。人口は年率1%弱のペースで増え、40年後には4億人を突破する見込みです。加えて、世界各国からあらゆる分野で人材・頭脳が集まってくる躍動感があるなど、市場としての魅力のみならずトレンド・グローバル情報の発信拠点、イノベーション創出のエンジンとしての重要性もさらに増してきています。

 このたび、ジェトロ・ニューヨーク事務所調査担当ディレクターを務める駐在員が現地ならではの肌感覚で2013年の米国経済について展望・解説します。

 

開催要領

日 時 / 平成25年1月30日(水) 14:00~16:00 (13:30~受付)

テーマ / 『2013年の米国経済展望』

講 師 / ジェトロ・ニューヨーク事務所 調査担当ディレクター 松下 美帆 氏

        【略歴】1997年旧経済企画庁(現内閣府)入庁。

           欧州経済分析担当、内閣官房行政改革事務局、

           英国留学(インペリアルカレッジ大学院及びLSE)、金融庁市場課、

           内閣府経済財政諮問会議議員秘書官、経済社会システム統括官付参事官補佐

           などを経て、2010年8月より現職

           月1~2回程度、テレビ東京ワールドビジネスサテライトに出演

 会 場 / 四日市商工会議所 3階中会議室 (四日市市諏訪町2-5)

主 催 / 四日市商工会議所 港湾・運輸部会、ジェトロ三重貿易情報センター

参加費 / 無 料

定 員 / 50名(定員になり次第締切り)

込方法 / 平成25年1月25日(金)までに四日市商工会議所宛にFAXでお申し込み下さい。

         案内・申込書はこちらからダウンロードして下さい ⇒ 米国セミナー案内.pdf   

    

 お問い合わせ

四日市商工会議所 TEL:059-352-8194 FAX:059-354-3737

台湾経済・物流視察研修会開催報告

下記内容にて、台湾経済・物流視察研修会を開催いたしました。

実施期間/平成24年12月3日(月)~12月6日(木)

参加者数/19名(事務局含む)

視察・訪問先/台湾(高雄市 高雄港(カオシュン港)/台北市 基隆港(キールン港))

 

1.高雄港(カオシュン港)視察報告

高雄 説明.JPG ①港湾紹介DVDを視聴および担当者からの説明

   台湾港務股份有限公司 高雄港務分公司

           (国営企業の港湾管理会社)

   秘書処公開課 助理管理師 周 進 男 氏

 ②高雄港港史館(高雄港の歴史博物館)

 ③海上からの港湾視察

 

 

・高雄港は台湾の南に位置し、内海に平行して張り出す旗津半島が天然の防波堤の役割を果たしており、地形に恵まれた良港。

・高雄港は潮の干満差が0.6m程度しかなく、出入港船舶にとっては非常に利用しやすい。台中港は4mの干満差がある。

・港区面積は26.8k㎡、埠頭の総延長は26.6km、埠頭数122(うちコンテナ埠頭26)、コンテナヤード全面積293.5ha、ガントリークレーン75機という機能を有している。

・高雄港の水深は12m~16m

・昨年の取扱数は、963万TEUで台湾最大、世界12位の港湾。(2010年コンテナ取扱量860万TEU:世界13位)

・昨年の船舶入出港数は、35,000隻で、7割がコンテナ船。

・高雄港は1856年に開港され、埠頭の整備は日本統治下の1908年に始まり、第二次大戦後に本格的に整備が進められた。

・トランシップ貨物の量が全取扱貨物量の半分を占めており、欧米向けが最も多く、次いで中国。

・コンテナ港としてのハブ化を進めるため、基隆港、台中港、高雄港との間にて、外国船社にも国内コンテナ輸送を許可し、さらに、高雄港経由で他の国・地域に貨物を転送する場合に限り、中国との直航も認めている。

・港務局では、2020年までに港湾区域を用途別に、バルク・一般貨物区、コンテナターミナル区、工業区、港湾サービス区、軍用区に分けて整備を進めることとしており、一部の旧港は親しまれる港として再開発する計画。

 高雄集合写真.JPG

   

2.基隆港(キールン港)視察報告

基隆説明.JPG①旅客ターミナル施設見学

②港湾紹介DVDを視聴および担当者からの説明

  台湾港務股份有限公司 基隆港務分公司

           (国営企業の港湾管理会社)

  秘書処処長 曹 至 宏 氏

  業務処客戸服務科  陳 ● 南 氏 

③港湾視察(バスにてターミナル内に入場)

 

 

・基隆港は台湾北部の天然の良港を基礎として発展し、海運の中継港として物流ネットワークを形成している。輸入港として機能。

・昨年のコンテナ取扱量は240万TEU(台湾第2位)。 ここ数年は2~3%の伸びで推移。

・埠頭数は57埠頭、平均潮位は0.73m、水深は12m~14m。基隆港は地理的理由により、これ以上の拡張が難しく、船舶の大型化への対応も困難な状況にある。従って、欧米向けの大型船は台北港へ、アジア向けの中型船は基隆港へ入れ、役割分担を図っている。

・台北港は、8000TEU規模のコンテナ船の入港が可能となっている。

・基隆港は、日本統治下の時代に大規模な建設が進められ、太平洋戦争時には物資輸送の基地として機能、第二次世界大戦で深刻な被害を受けた。1945年には基隆港務局が設立され、港湾施設の復旧・再建が進められた。

・旅客ターミナルには日本の飛鳥Ⅱをはじめ、世界中から客船が入港している。今後10年をかけ、現在の3倍となる規模の旅客ターミナルを建設する予定。                         

 

基隆港.JPG

第6回労働・雇用対策委員会開催のご報告

開催日:平成24年11月1日(木)  15:00~16:30  出席人数:18名

担当副会頭:鈴木 裕志 氏(住友電装㈱)

委員長:日比 義三 氏(三岐鉄道㈱)

中小企業の雇用・人材育成に関する課題について提言書をまとめるにあたり、第6回委員会を開催しました。

 

「高卒就職に関する県内高等学校の状況について」

県下高等学校の教育現場における現状について、三重県教育委員会高校教育課 伊藤主事様より、県内高校生のキャリア教育および就職に関する現状について説明をいただきました。

 

中小企業における労働・雇用面の課題改善策について

『北勢地域の活性化における若年者雇用の課題解決に向けて~高卒者採用への提言』

前回会議での意見をふまえ、提言書の修正案を提案。概要は下記の通り。

1.新規高卒・大卒者の就職の現状と課題

 ⇒厳しい就職状況の現状、また雇用形態の変化など採用する企業の変化について整理。

2.生徒・学生の進路意識に関する問題点

 ⇒企業と学生の間のミスマッチ問題、主体的に職業を選択できない等自覚に乏しい学生の存在について整理。

3.学校における就職指導の現状と課題

 ⇒普通科高校における就職指導の課題、高卒者の就職慣行の課題、インターンシップの課題等について整理。

4.企業における雇用の現状と課題

 ⇒採用または社員教育等に際し、企業側が抱える課題について整理。

5.北勢地域における若年者雇用(高卒者採用)改善に向けての提言

 ⇒基本的な考え方「学生に職業選択の能力を高めさせる指導を進めるべきである」

 

 

第5回労働・雇用対策委員会開催のご報告

開催日:平成24年7月13日(金)  15:00~16:30  出席人数:11名

担当副会頭:鈴木 裕志 氏(住友電装㈱)

委員長:日比 義三 氏(三岐鉄道㈱)

中小企業の雇用・人材育成に関する課題について提言書をまとめるにあたり、第5回委員会を開催しました。

前回までの委員会での検討内容、また2月に実施した「採用に関するアンケート調査」から得られた回答や意見などを集約し、事務局にて高校生の採用を中心とした内容にまとめあげ、提言書の原案を作成いたしました。

この原案をもって、出席委員からご意見をいただき、提言書の完成にむけて検討いたしました。

提言内容(案)

「北勢地域における若年者雇用の課題解決に向けて~高卒者の採用を中心に~」

概要は下記の通り

1.高校・大学等卒業者の就職の現状と課題

2.学生の進路意識等を巡る問題点

3.学校における就職指導の現状と課題

4.就職にかかる指導、制度・慣行等の今後のあり方に関する提言

化学・石油部会視察研修会を開催いたしました!

 化学・石油部会(部会長 伊藤製油(株))では、視察研修会を開催いたしました。
 

日時

平成24年11月29日(木) 8:15~18:30 

 

視察先 

 
 
□中部電力(株)武豊火力発電所・メガソーラーたけとよ
□セントレアまるわかりツアー 滑走路見学コース 
 
 
 
DSCF0583.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSCF0616.jpg

工場立地法緩和に向けた説明会

平成24年7月30日(月)、四日市市による工場立地法の規制緩和に向けた説明会を開催致しました。

[議題]
 ①緑地面積率と環境施設面積率の緩和について
 ②市の運用指針について
 ③緩和緑地面積相当分以上の緑量の確保手法について
 ④その他

第4回労働・雇用対策委員会の報告

開催日:平成24年3月13日(火)  15:00~16:30  出席人数:12名

担当副会頭:鈴木 裕志 氏(住友電装㈱)

委員長:日比 義三 氏(三岐鉄道㈱)

当地域の企業の採用現場における具体的な実態を把握するため、当所会員企業など計234社に対し、2月中旬から3月初旬にかけて「採用に関するアンケート調査」を実施したところ、122社(回答率52.1%)の回答をいただきました。

この集計結果をもとに、各委員より意見をいただき、雇用・人材育成に関する課題改善について検討を進めました。

調査結果概要

1.採用時に重視する選考方法・能力等

 重視する選考方法・基準は「面試験の結果」を重視する傾向。重視する能力は「熱意・意欲」や「協調性・コミュニケーション能力」を重視。

2.企業が求める人材の採用状況

求める人材の採用については「できている・まあできている」が7割程度。

教育機関に望むこと上位は「社会常識を身に付ける教育の充実」「一般教育の充実」等。

3.採用後の定着状況

「良い・まあ良い」が過半数を占めたものの、「普通」も3割程度に上るなど、積極的な評価をしていない企業も一定数見られた。

4.インターンシップ

企業の受け入れ体制整備の難しさや受ける側の姿勢の問題等の課題を抱える回答があがった。

5.高卒採用の際の慣行

高卒採用の就職慣行(校内選考・指定校制・一人一社制)について問題があるとの回答は多くはないものの、「どちらともいえない」が4割程度みられた。

6.外国人留学生の採用

現在外国人を採用している企業は1割未満程度。「今後も採用しない」が過半数を占めた。「未定」も3割程度。

 

外国人の雇用を考えるセミナー(1月30日)を開催します

1 趣旨・目的

「外国人労働者の適正雇用と日本社会への適応を促進するための憲章」普及セミナー

現在日本で暮らす外国人労働者及びその家族は、言語や文化の違い、受入体制の遅れなどから、労働、居住、医療、福祉、教育などの面で様々な課題を抱えています。

こうした状況をもとに、東海三県一市(三重県・愛知県・岐阜県・名古屋市)では平成20年1月に、静岡県では平成24年2月に、「外国人労働者の適正雇用と日本社会への適応を促進するための憲章」を策定し、外国人労働者の適正雇用と日本社会への適応を促進しているところです。

リーマンショックによる景気後退、入管法の改正など、外国人を取り巻く雇用環境が目まぐるしく変化する中、憲章のさらなる普及と、これからの外国人雇用と多文化共生の推進について考える機会として、本セミナーを開催します。

 

2 日  時

平成25年1月30日(水曜日) 13時30分から16時30分まで

 

3 会  場

四日市商工会議所1階ホール(定員150名)

四日市市諏訪町2番5号(近鉄四日市駅より徒歩7分)

 

4 内  容

【基調講演】

 テーマ : 「外国人とともにつくる地域の職場」

        ~多文化共生時代の雇用と持続可能なしごとづくり~

 講 師 : 特定非営利活動法人多文化共生センター大阪

        代表理事  田村 太郎 氏

 

【企業の取組紹介】

 社会福祉法人青山里会(せいさんりかい)(三重県)

株式会社丸宗(まるそう)(愛知県)

吉田木材株式会社(よしだもくざい)(岐阜県)

天竜森林組合(てんりゅうしんりんくみあい)(静岡県)

 

5 お申込み・お問い合わせ

平成25年1月24日(木)までに、メールまたはFAXにて申し込み

◆三重県環境生活部 多文化共生課(E-mail:tabunka@pref.mie.jp

 TEL:059‐222‐5974 FAX:059‐222‐5984

案内ちらし.pdf および 申込書.pdf はこちらからダウンロードしてください。

 

6 主催・共催・後援

主催:三重県、四日市市、四日市商工会議所

共催:愛知県、岐阜県、静岡県、名古屋市

後援:三重県商工会議所連合会、三重県商工会連合会、三重県経営者協会、三重県中小企業団体中央会、(一社)中部経済連合会、内閣府、(公財)三重県国際交流財団

「四日市市住生活基本計画(素案)」のパブリックコメントの実施について

四日市市において、今後10年間の住宅政策のあり方を示す『四日市市住生活基本計画』を新たに策定するため、平成25年1月28日(月)まで意見を募集するパブリックコメントを実施しております。

詳しくは、こちらまで。

「責任世代のオヤジ軍団によるまちづくり」講演会を開催します!

~北の国から~ 四日市商工会議所 新春講演会

title.png

subtitle.png

 講師:西本 伸顕 氏
    ふらのまちづくり株式会社 代表取締役

 

 

講師プロフィール
 昭和50年早稲田大学政治経済学部を卒業し、㈱リクルート勤務を経て郷里の北海道富良野市に戻る。現在は㈱北印(青果会社)の代表取締役として事業を営む傍ら、富良野のまちづくりに奔走。
 ふらのまちづくり会社の社長であり、富良野商工会議所の副会頭も務める。
 平成22年まちづくり会社により設立した「フラノ・マルシェ」は富良野市中心市街地活性化の中核的施設として全国的にも成功事例の一つとなっている。
 著書に「笑説これが北海道弁だべさ」、「富良野笑市民ライフ」がある。
nishimoto.jpg

 

 当市の中心市街地は来街者の減少や営業店の減少、未利用の空地があるなど多くの問題・課題を抱えています。
 これらの課題を解決するため、当所ではまちづくりを専門に行う組織「まちづくり会社」設立の検討を進めております。
 今回の講演会では先進的な取り組みをされている「ふらのまちづくり会社」の西本氏を講師に迎え、まちづくりにかける思いやまちづくり会社の役割等についてご講演いただきます。



日時

 平成25年1月22日(火)14時~15時半

会場

 四日市商工会議所1階会議所ホールⅢ

定員

 80名(先着順)

申込

 こちらからお申込みいただくか、こちらのチラシをダウンロードして1月18日(金)までにFAXでお申込みください。

主催

四日市商工会議所


お問い合わせ

まちづくり支援課 TEL 059-352-8195

平成25年4月採用職員募集についてのご案内

四日市商工会議所では、平成25年4月採用予定の職員を以下の通り募集します。

募集人員

若干名(平成25年4月採用予定)

 

勤務時間

午前9時00分から午後5時15分まで (休憩60分) 所定労働時間外勤務有

 

給与

174,000 円~(初任給)  ※年齢により加算

 

休日休暇

土曜日・日曜日・祝日・年末年始及び年次有給休暇・特別休暇

 

職種

総合職(商工会議所が行う各種事業の企画、運営、管理業務)

 

応募資格

以下の条件を満たす方

(1)昭和58年4月2日以降に生まれた方

(2)学校教育法に定める四年生大学・大学院を卒業した方

(3)普通自動車免許を取得している方

(4)パソコン(主にワード・エクセル)の操作が可能な方

 

応募方法

◎1月31日(木)までに以下の書類を当所総務部まで提出して下さい。(郵送可・当日消印有効)

但し、受付は、土曜・日曜・祝日を除く 午前9時00分から午後5時00分までとなっております。

◎提出書類(返却は致しません)

1.四日市商工会議所 職員採用試験応募用紙 様式1~3(写真添付)
(下記よりダウンロードできます)

2.卒業証明書

3、成績証明書

職員採用試験応募用紙 ダウンロード





 

選考方法

第1次試験:書類選考
(求人締切後実施)

第2次試験:筆記試験・論文
(2月中旬実施予定)

第3次試験:面接
(2月下旬実施予定)

※ 日程の詳細は追って連絡致します。

 

問合せ先

四日市商工会議所 総務部 山下項・田中

四日市市諏訪町2-5 TEL(059)352-8191(代)

 

第133回日商簿記検定申込について

日程

回数 試験日 申込期間 合格発表期間

133


2~4級

2013年
2月24日(日)

2013年1月4日(金)~1月23日(水)まで

2013年3月11日(月)~3月15日(金)まで

 

試験開始時間

     3級   9:00 から
2級 ・ 4級  13:30 から

※2級と3級、3級と4級は併願できます。

 

試験会場

四日市商工会議所 (諏訪町2-5)
じばさん三重(安島1-3-18)

会場は、当所にて指定いたします。受験者による指定はできません。

 

申し込み方法

(1)インターネットによる申し込みをはじめました。(1月4日から1月23日までアクセス可)

 

(2)書店での申し込み(四日市市内の書店 白揚(笹川店・富州原店・シェトワ白揚店))

    詳細は、こちらへ。

 

問い合わせ先

(土・日・祝日、及び年末年始を除く平日9:00から17:00まで)
四日市商工会議所 簿記検定係   電話 059-352-8192

〒510-8501 四日市市諏訪町2-5 (四日市市役所 西隣)