四日市市の産業・観光 【商業】 | 四日市・天津経済交流センター

四日市市の産業・観光 【商業】

本市は、商工業によって栄えてきた都市であり、特に中心市街地は、戦災復興や西浦土地区画整理事業等によって都市基盤が整理され、また、魅力的な商業空間の形成に向けた拠点施設の整備が進められ、公共公益施設・業務施設等も立地した県下最大の商業集積地域となっている。

しかしながら、近年の消費者ニーズの個性化、多様化、周辺都市の商業環境の整備、規制緩和による大型店の郊外への出店等により、中心市街地へ人を呼び込む吸引力が低下しつつあり、その結果、中心市街地における人口の減少、来街者が、住む場所、働く場所、買い物をする場所、楽しむ場所としての機能や魅力を取り戻すためには、これまでに蓄積されている都市基盤や歴史・文化などの既存ストックを活用し、質を高め、付加価値を高めていくことが重要であり、それとともに、商業地においては、従来からの「物を売る」だけの商店街から脱却し、『コミュニケーション』や、『歴史・文化』といったサービスを提供する商店街への転換を図り、賑わいと活気を取り戻すことが必要である。このような課題を踏まえて、中心市街地における来街者と居住者を増やすため、中心市街地活性化法に基づく『四日市市中心市街地活性化基本計画』を策定し、市民・事業者等との連携の下に諸事業の推進につとめている。

 

 

  昭和60年 昭和63年 平成3年 平成6年 平成9年 平成11年 平成14年 平成16年 平成19年
商店数
(市全体)
4,736 4,747 4,922 4,639 4,294 4,360 3,855 3,588 3,484
従業員数
(市全体)(人)
25,273 27,893 27,871 30,093 28,237 32,934 29,632 27,400 27,532
年間商品販売額
(市全体)(億円)
8,837 9,434 12,222 10,890 10,642 11,447 9,869 9,931 11,288

 

 

商業統計調査 四日市の卸売・小売業

 

商業統計調査 四日市の卸売・小売業

※平成22年3月31日現在において、平成19年度調査が最新版になります。