福利厚生・共済・保険

福利厚生・共済・保険

業務災害プラン

日本商工会議所を契約者とする商工会議所会員向け一般傷害保険団体契約です。
従来型の負傷型労災といわれる業務中のけが、および労働災害の責任が企業にあると法律上判断された (例えば、安全配慮義務違反を問われた)場合に発生する、損害賠償責任(賠償金など)にも対応する保険です。
近年増加傾向にある職場環境に起因する疾病型労災(精神疾患など)による死亡事故なども補償します。

業務災害プランの特徴

1.全国商工会議所のスケールメリットによる低廉な掛金(商工会議所会員への加入が必要です。)
  ・一般加入と比べ約半額水準の掛金水準を実現

2.労災の上乗せ補償で従業員の福利厚生の充実に対応

3.労災賠償に備える「使用者賠償責任保険」を標準セット
  ・うつ病による自殺や過労死等の新しい労災リスクに対応
  ・新しい労災リスクへの高額な賠償にも対応

4.政府労災保険の給付を待たずに保険金のお支払いが可能
  (注)政府労災保険への加入が必要です(使用者賠償責任保険は労災給付決定後の支払になります)。

5.契約は無記名式。短時間労働者やパート・アルバイトも包括補償。

6.掛金は売上高と業種で算出。掛金は全額損金参入可能。

(注)政府労災保険に未加入の場合は、商工会議所で加入手続きができます(労働保険事務組合事業として加入手続きの代行業務を行っています)ので、ご相談ください。

引受損害保険会社

引受保険会社名(順不同) ペットネーム(商品名) 保険期間
東京海上日動火災保険
株式会社
あんしんプロテクトW 毎年10月1日午後4時 ~ 翌年10月1日午後4時
損害保険ジャパン
日本興亜株式会社
業務災害補償 プラン 毎年10月1日午後4時 ~ 翌年10月1日午後4時
あいおいニッセイ同和
損害保険株式会社
業務災害補償 プラン 毎年10月1日午後4時 ~ 翌年10月1日午後4時
三井住友海上火災保険
株式会社
業務災害補償 プラン 毎年4月1日午後4時 ~ 翌年4月1日午後4時
旧日本興亜損害保険
株式会社
業務災害補償 プラン 毎年4月1日午後4時 ~ 翌年4月1日午後4時

保険料

保険料は、補償内容が同様一般の保険に比べ半額程度に設定されており、業種を問わず多くの事業者が本プランに加入しています。
さらに売上高を基に保険料を算出する仕組みであることから、加入に当たっては従業員数を損害保険会社に通知する手間がなく、役員を含め全従業員が自動的に補償対象となることから、パート・アルバイトを多く雇用している事業者や下請けを抱える事業者(たとえば、中堅・中小規模の小売・卸売業、建設業、製造業、各種サービス業など)に活用しやすい内容になっています。

そのほか詳細は日本商工会議所ホームページ、こちらのパンフレットをご覧ください。

日本商工会議所Webサイトへ

  パンフレットのダウンロードページへ

お問い合わせ

四日市商工会議所 総務・会員サービス課
TEL:(059)352-8192(ダイヤルイン)
メール:somu@yokkaichi-cci.or.jp